メンズ

資源を最大限に活用する特殊機械|土質改良機や粉砕機の活用

事業ニーズにあった流量計

流量計

流量計と呼ばれる特殊機械には様々な種類があり、事業のニーズにあったものを導入することでその効果を最大限に得ることができるでしょう。幾つかの流量計の仕組みや用途について知り、自社の事業ニーズにそっているか検討してみる必要があります。

Read More..

現場で余剰資源リサイクル

2人の男性

工事現場において発生するコンクリートガラや転石といった建設発生土は、残土処理の対象です。しかし、ふるい機を現場に導入することで、現場で直接それらの建設発生土を再利用可能な状態にすることができるのです。

Read More..

土質改良機の性能と仕組み

工事現場

工事事業者にとって、工事現場で発生する建設発生土の残土処理というのはコストの掛かる問題でした。近年ではそれらの問題を解決する様々な特殊機械が開発され、現場に導入されています。それらの特殊機械は、再利用することの難しい建設発生土を再利用可能な状態にすることができるのです。ここでは、不良土や汚泥といった建設発生土の再利用可を可能にする、土質改良機と呼ばれる特殊機械について知っていきましょう。
土質改良機はその名称の通り、土質を改良することで建設発生土を再利用可する特殊機械です。自走型のものもあり、それを現場導入した際には工事作業と平行しながら建設発生土の再利用処理を行うことができるのです。そうすることで、従来の残土処理に割かれていた業務時間や無駄なコストを削減することができるでしょう。また、資源を無駄にしないという点に関して環境保全にも貢献することができます。土質改良機が建設発生土を再生可能にする工程というのは、その内部構造にあります。土質改良機に建設発生土を投入した際、その建設発生土は内蔵されているベルトコンベアによって運ばれていきます。運ばれる過程で、ほぐし装置と呼ばれるもので解しつつ均等に流れるよう調整します。解された土が均等に流れていく先で、固化材と呼ばれるものを振りかけていきます。固化材は流れる土に対して均等に振りかけられます。その後、ソイルカッタと呼ばれる複数の刃で土と固化材を切削混合します。その後、固化材と切削混合された土はロータリーハンマーと呼ばれる3軸構成の鈍器で衝撃を与えられ、細粒化します。この細粒化では、土のサイズを固化材と均等にする目的があります。細粒化の後、アフターカッタと呼ばれる複数の刃で更に細粒化しつつ、再度切削混合を行ないます。これらの工程を経て、建設発生土は再利用可能な土となるのです。その土は主に、路床材や盛土材として活用されるでしょう。

廃棄物と土を分別

笑顔の作業員

建設発生土の中には、産業廃棄物が混入している可能性があります。そういった場合には、振動篩機にかけることによって産業廃棄物と建設発生土を正確に分別することができます。

Read More..