婦人

資源を最大限に活用する特殊機械|土質改良機や粉砕機の活用

現場で余剰資源リサイクル

2人の男性

ふるい機と呼ばれる特殊機械は、粉砕機とも呼ばれています。その主な導入現場というのは、コンクリートガラや転石といった建設発生土が多く発生する工事現場です。そういった現場にふるい機を導入することで、それらの建設発生土を残土処理する手間が無くなるでしょう。残土処理の手間が無くなるということは、コスト削減にも繋がるということです。
ふるい機は現場循環型工法と呼ばれる概念に基いて作られた特殊機械で、現場で発生した資源を最大限に活用することを目的としています。現場循環型工法というのは、工事現場における全ての工事工程において発生する様々な建築副産物を現場内でリサイクルするといったものです。建築発生土といった環境問題を、現場で発生した時点で解決することを目的とした概念なのです。ふるい機は、その概念に基づいている特殊機械のため、現場で直接その性能を発揮できるように自走型のものが主に導入されています。具体的に、ふるい機がどういった性能を持っているのかというと、コンクリートガラや転石といった建設発生土を任意のサイズに均等に砕くことが可能です。サイズを均等に砕くだけでなく、その形状も同じように整えるため再利用可することができるようになるのです。再利用化されたコンクリートガラや転石というのは、路盤材として活用することができます。このようにふるい機では、残土処理の手間やコストを削減できるだけでなく、再利用可能な資源を生み出すことで工事事業者にとって利益的なメリットを多くもたらすのです。