婦人

資源を最大限に活用する特殊機械|土質改良機や粉砕機の活用

廃棄物と土を分別

笑顔の作業員

近年では、様々な工事現場において現場循環型工法と呼ばれる概念が重要視されるようになりました。現場循環型工法というのは、現場で発生した建設副産物(主に建設発生土)を現場で直接リサイクル化することを目的とした工法です。この現場循環型工法の概念を実現するために、土質改良機や粉砕機、木材粉砕機といった特殊機械が開発され、現場に導入されています。しかし、これらの特殊機械が建設発生土を再利用したとしても、その中に産業廃棄物が混入していた場合には再利用不可になります。そのため、そういった処理を施す前に建設発生土の中から産業廃棄物を分別しなければなりません。
建設発生土の中から産業廃棄物を分別する際には、振動篩機と呼ばれる特殊機械を用います。この振動篩機は対処となる建設発生土をふるい面に置くことで、そこに円振動を与えます。円振動によって処理する建設発生土と産業廃棄物の重さごとに掛かる重力差が生まれ、篩分けを行うことができるのです。振動篩機であれば、正確な分別を行える他、手間が掛かりません。こうした分別によって、土質改良機や粉砕機、木材粉砕機での建設発生土の再利用可が可能となるのです。この時に取り除いた産業廃棄物は、正しい方法で処理する必要があるので注意しましょう。工事事業者の中には、建設発生土の再利用化を行う特殊機械はあるけど振動篩機を導入していないといった事業者もいるでしょう。そういった場合には、振動篩機のレンタルを行なっている業者も存在するので、利用してみるといいでしょう。